岡山市南区泉田の整体院・整骨院 ヨリミツ治療塾 れい岡院 > コラム > 肩・腰・関節・足のお悩み > 腰つう・ぎっくり腰

腰つう・ぎっくり腰

rey_yotsu_sp
  • 歩くのもツライ腰つう
  • 座っているのがツライ腰つう
  • 長時間の運転がツライ腰つう
  • 交通事故で腰のむちうちに・・・
  • 急なぎっくり腰で、動けない

このような、慢性的な「腰つう」、急な「ぎっくり腰」でお困りではありませんか?

松岡

こんにちは。

ヨリミツ治療塾 レイ岡院の松岡克弥(まつおかかつや)です。

腰痛に悩まされ、いろんなところに行って施術を受けたけれど一向に改善しない・・・と、お困りではありませんか?

腰痛・カラダの不調は、腰にだけ問題があるのではなく、骨格の中で重要な役割をしている「背骨・骨盤」が大きく関わっています。

腰痛に悩まされている方のほとんどが「背骨・骨盤」に原因や問題があることに気付いておられないことが多く、

・湿布やマッサージなどで済ましている

・良くならないものだと思い込んでいる

こういった話をよく耳にします。

湿布やマッサージは、緩和するためのものですから痛みが改善するというわけではないのです。

ですから、問題となっている個所を追及して正しい施術を受けることが、腰痛の改善には必須なのです。

わたし達は、腰痛の原因となっている個所を追究し、必要であれば「背骨・骨盤」を正しい状態に戻していく施術をすることで、なかなか改善しないあなたの腰痛改善に向けてのお手伝いをします。

急性のぎっくり腰なども、ご相談ください。

ぎっくり腰はどういう症状でしょうか?

ぎっくり腰とは「グキッ」と急に発生する腰痛のことを呼びます。

色んな原因不明の腰痛であったり、ヘルニアの初期の段階も含まれるですが、とにかく痛いんですね。

別名「魔女の一撃」とも言わるくらいの痛みで、ぎっくり腰になると1周間ほど安静にしておく必要があります。

「ぎっくり腰=ヘルニア」

と間違われやすいですが、ぎっくり腰がヘルニアではありません。

ぎっくり腰などの腰痛の施術をする前に・・・

まず、何が原因となって腰痛を引き起こしているかを検査します。

●神経性の腰痛なのか?

●筋肉が痛んだ腰痛なのか?

●関節の障害からくる腰痛なのか?

●急性のぎっくり腰なのか?

お客様の腰痛の原因に合わせた最善の施術を行います。

ぎっくり腰のタイプは以下のように分けられます。

1、筋筋膜性腰痛

これは、いわゆるぎっくり腰で筋肉が内部で炎症を起こして、腫れているような状態です。

症状としてはズキズキとした痛みがあり、どの動きをしても痛いことが多いです。

2、椎間関節性ぎっくり腰

一般的には、わかりにくいタイプとなります。

具体的な例としては、前にかがむのはそんなに痛くなく、後ろに反るほうが痛みが強い場合ですね。

これは、椎間関節性ぎっくり腰のケースが疑われます。

3、関節包性ぎっくり腰

ぎっくり腰には様々な症状がありますが、一部分だけ少しズキズキとした痛みがある場合は関節包性ぎっくり腰を疑います。

身体を前にかがめても、後ろに反っても、同じくらいの痛みの場合に多く見られます。

4、仙腸関節炎

骨盤の後ろに仙腸関節という、あまり動きのない関節があります。

おしりの上のほうなので、痛みが強い場合は「ぎっくり腰が起こった」と言って来られる場合があります。

ぎっくり腰の原因とは何でしょうか?

このような傾向の人はぎっくり腰になりやすいというのを覚えておいてください。

1,2 肥満気味

肥満は腰への負担が大きくなり、ぎっくり腰になりやすいです。

特に急に太った人は身体が慣れる前に、負担が急激に腰にかかります。

特にぎっくり腰が起こりやすいです。

3 「あぐら」や「横座り」をよくする

あぐらや横座りも、背骨が横に曲がるため、ぎっくり腰になりやすいです。

理想は正座ですが、ひざへの負担も考えられるためため、正しい姿勢でイスに座る生活が理想です。

加えて、猫背だったり足を組むのがくせだったりと、姿勢が悪いのも腰への負担が増すので注意してください。

4 車に乗ることが多い

低いシートに長時間座る状態で腰に振動が加わると腰の筋肉が疲労します。

その後、急に体をひねった状態で立ち上がるのは、ぎっくり腰になりやすくなります。

5 柔らかい敷布団で寝ている

布団が柔らかいと寝たときにお尻が落ち腰部分の背骨のカーブが増します。

習慣になっていれば、腰への負担も増える場合が多いです

柔らかすぎるソファーも同様に要注意です。

6 ハイヒールをよく履く

立った時、お尻が突き出て腰がくびれるのが悪い姿勢で習慣になっている人は気をつけましょう。

身体を反った姿勢で維持していると、椎間関節性腰痛になりやすいです。

※椎間関節性腰痛とは、からだを反った時に痛みが強くなる腰痛のことです。

7 イスに浅く座ることが多い

背もたれにもたれながら浅く座る、例えば映画館の座席でついやってしまう姿勢です。

一見、楽そうに見えますが、斜めに体重がかかり腰への負担は大きくなります。

しかも、長時間この姿勢を続けた後に急に起き上がったりしてはいけません。

ぎっくり腰が襲ってくる恐れが高まります。

8,9 重い荷物を中腰で持ち上げる機会が多い

慢性的に腰へ無理がかかっているため、ぎっくり腰とは常に隣り合わせの状態です。

重い荷物を持ち上げるときは腰を落としましょう。

なるべく体に荷物を近づけてから、力を入れるようにすると、腰への負担が減ります。

そして、ぎっくり腰のリスクは減ります。

10 運動不足

運動不足であれば、軽い運動を始めるなどを、心がけてください。

理想的には専門家に適切な腹筋の指導を受けることがお勧めです。

11 タバコを吸う

喫煙により血管が萎縮して血行が悪くなります。

そして、腰の筋肉への血流に悪影響を及ぼし、筋肉疲労が溜まります。

ゆえに腰痛の原因になるのです。

12 冷え性だ

冷え性も血行が悪くなるという点からリスクは高くなります。

寒い季節は、くれぐれも腰を冷やさないようにしましょう。

痛くなったら、ヨリミツ治療塾にご相談くださいね。

ギックリ腰にはなりやすい状況・場面があります。

  • 体が冷えている時
  • 同じ姿勢を長時間続けている時
  • 重たい物を持つ時 
  • くしゃみ
  • 不自然な姿勢で動作をする時
  • 急激に体勢を変える時
  • 朝顔を洗うとき
  • 体調の悪い時
  • 身体が疲れている時

日常生活のあらゆる所に「ぎっくり腰」の危険因子は潜んでいます。ぎっくり腰になりやすい状況が重なることで、突然、症状が現れてしまうのです。

ぎっくり腰になった時の対処法とは?

「グキッ」といってしまったら、とにかく安静にすることです。

ぎっくり腰は最初の激痛を通り越せば痛みが落ち着く場合がほとんどですので、体を曲げて横向きに寝るというように楽な体勢をとりましょう。

寝転べない状況であれば壁に寄り掛かるなど、激痛が落ち着くまでは無理に動かない方が良いでしょう。

お風呂に入って身体を温めることはしないで下さいね。

ぎっくり腰の直後は身体の中で炎症が起きているので、身体を温めるのではなくアイシングなどが効果的です。

一般的に腰は「温める」というのをよく耳にしますが、筋肉に炎症が起きている場合は場所はどこでも冷やすのが基本となります。

最初の痛みが治まり、少し動けるようになってから、近くの医療機関に行くようにしましょう。

もし、自分一人では動けない状況が続くようであれば、迷わず救急車を呼ぶことをおすすめします。

ぎっくり腰のように自力歩行が困難な場合は、救急車も使えるのでご安心下さい。

基本的に、治療後2週間ほどは安静にしておくのが理想です。

どうしても動かなければならない時は、腰痛ベルトやコルセットを骨盤の中心にして、強めに巻いてください。腹内圧が高まり少しは楽になります。

腰痛・ぎっくり腰の施術の流れを紹介いたします。

【痛みが激しい場合】

微弱電流施術機を使い炎症を抑えます。症状によってはアイシングを行うこともあります。

微弱電流施術機は電気特有のビリビリした感じはなく、触られるだけでも痛い方げもリラックスして施術を受けることができます。

【痛みがそれほどでもない場合】

高周波施術機や干渉波施術機を使い、マッサージでは届きにくい腰の深い場所の筋肉の緊張をとっていきます。

電気施術の時間は10分から15分くらいですが、お客様の症状によっては、もっと長くすることもあります。

妊娠中の方や心臓に病気をお持ちの方には電気施術は一切行いませんのでご安心下さい。

【電気施術後】

術者による施術が行われます。

施術はお客さま個人に合わせた施術法を選択していきます。

基本的には、痛みより緊張した腰、背中、お尻、太ももの筋肉を緩めて行きます。

ストレッチ・カイロプラクティックも組み合わせて施術していきます。

この際、触られるのが嫌な場所がある方は、はじめにお知らせ下さい。

最後に、ナノキュアという機械でナノミストをあて、腰部を温めて血行を改善させます。

症状がきつい方に対してはどのような施術をするのでしょうか?

円皮鍼キネシオテープを貼ります。

円皮鍼は筋肉の痛みを緩和させ、日常生活などで腰の筋肉が緊張し固くなってしまうのを防ぐ効果があります。

キネシオテープは筋肉の補助と血行の改善に効果があるため、座りすぎや立ちすぎによる腰痛の方には大変効果的です。



ヨリミツ治療塾レイ岡院が選ばれる理由

平日夜22時まで、日曜・祝日も営業

平日は夜22時まで、日曜・祝日は朝10時から18時まで営業しておりますので、仕事をされている方や、忙しい主婦の方も通いやすくなっております。

施術者は経験豊富な国家資格保有者

スタッフは柔道整復師の国家資格をもっており、安心して施術を受けていただくことができます。

また、月に3回の技術研修・接客研修も全員が自社でおこなっており、いつでもお客様にベストな施術と接客ができるよう努めております。

お一人お一人に合ったオーダーメイドの施術を提供

カラダの状態は人それぞれ、またその日その日で違ってきます。

そして、「いたみ」の原因も様々です。

ですから、最初のカウンセリングはしっかりと行い、カラダの状態をきちんと把握したうえで、お一人お一人に合った施術内容をご提案いたします。

なので、あなたにとって必要のない内容の施術は行ったりしませんのでご安心ください。

ヨリミツ治療塾 れい岡院の施術の流れ

れい岡院の施術の流れ

STEP1受付

れい岡院の施術の流れ

カウンターで受付を行います。
保険証をお持ちになってください。

STEP2カウンセリング票の記入

カウンセリング票の記入

お名前や連絡先や症状などをカウンセリング票に書いていただきます。

症状を詳しく書いていただけると、より正確な施術ができます。待合室にてご記入下さい。

STEP3カウンセリング

カウンセリング

施術の用意ができましたら、スタッフがお呼びいたします。
カーテンで仕切られていますので、施術中は隣の方と顔を合わせることはありません。

はじめて来られる場合は、最初にカウンセリングをさせていただきます。ベッドの横で、スタッフがカウンセリング票を見ながらカウンセリングをしていきます。

STEP4簡単な検査

簡単な検査

カウンセリングが終わりましたら、何が原因で痛いのか検査をしていきます。

STEP5検査の結果説明と施術のご提案

検査の結果説明と施術のご提案

検査をした結果を、模型などを使って原因を説明致します。

STEP6施術

施術

症状に合わせた最善の施術法をご提案し、施術を行っていきます。

お客様からの喜びの声

施術方法が初めてのものが多く勉強にもなり、楽になりました

腰痛声1

※こちらは個人の感想であって、効果を実証するものではありません。

痛みがやわらぎました!これからもよろしくお願いします

腰痛声2

※こちらは個人の感想であって、効果を実証するものではありません。

非常に楽になって助かった

腰痛声3

※こちらは個人の感想であって、効果を実証するものではありません。

Pocket

施術方法や料金については、症状の程度により異なりますので、担当の先生とご相談下さい。

ヨリミツ治療塾
れい岡院への交通アクセス

岡山市南区泉田の整体院・整骨院 ヨリミツ治療塾 れい岡院
車でお越しの方
国道2号線バイパス「青江交差点」から2分
電車でお越しの方
岡山駅発「大東行」に乗り
「青江西停留所」「泉田停留所」で下車。
徒歩10分

あなたの痛み・辛さの原因を
改善するお手伝いをします

まずはお気軽にご相談ください

当日ご予約OK!
お電話でのご予約はこちら

tel086-233-2626

※「ヨリミツ治療塾に繋いでください」とおっしゃってください。

※番号をタップすると電話がつながります。

 
口コミモニター
学割50%
LINE@
 
施術50%
 
産後の骨盤矯正

初めてご利用の方へ

頭・お顔のお悩み

肩・腰・関節・足のお悩み

全身のお悩み

美容のお悩み

PAGE TOP
086-233-2626
ラインで予約