岡山市南区泉田の整体院・整骨院 ヨリミツ治療塾 れい岡院 > コラム > 全身のお悩み > 不眠

不眠

fumini_hed

こんな不眠の症状に心当たりはありませんか?

  • 「寝つきが悪い」
  • 「途中で目が覚める」
  • 「寝た気がしない」
  • たくさん当てはまる場合、あなたの自律神経は乱れているかもしれません!

    近年、自律神経や副交感神経という言葉をよく聞きますが、実際に説明してくださいと言われても多くの方々はよくわからないという回答をする事と思います。

    自律神経について、またはそれが乱れた場合と鍼灸整骨院での施術についてみていきましょう。

    そもそも自律神経ってなに?

    自律神経とは、生命の維持に関わるあらゆる器官の働きをコントロールする神経のことを言います。

    この神経は自分の意思とは関係なく無意識に働いています。起きている時も寝ている時も私たちの身体が正常に動いているのはこの神経のおかげなのです。

    もう少し詳しく説明すると、自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整している神経です。心臓、胃、腸などの内臓は自分の意思で動かしたり止めたりはできません。

    そしてこれらの組織は24時間活動を続けてくれています。

    また運動すれば自動的に心拍が上がり、汗をかいて体温を調節してくれますし、リラックスしている状態であれば勝手に心拍を下げてくれています。

    普段、あまり意識しない事ですがこれらは全て自律神経が働いてくれているおかげなのです。

    二つの神経から出来ている自律神経

    jiritsu1
    jiritu2

    自律神経は交感神経と副交感神経という二つの神経からできています。大別すると交感神経が日中、からだを動かすために必要な神経で、活動したり、緊張している時に働きます。

    逆に副交感神経は夜間に働き、リラックスしたり眠ったりと言った身体を回復するときに活動する神経です。

    交感神経と副交感神経は昼と夜の関係にあります。

    どちらかが働いているときはどちらかが休まないといけません。簡単にいったらボクシングの試合をしながらリラックスする事はできません。試合中に消化吸収や身体の回復の為にエネルギーを使っていては動くものも動きませんから。

    自立神経が乱れる??

    前述のとおり、無意識でも身体を動かしたり、逆に回復させたりする自律神経ですが、交感神経と副交感神経が正常に動いている時は、いわゆる普通の状態です。

    昼間に活動して疲労を感じて、夜になると疲れから眠りについて身体を回復するという状態ですね。毎日そんな健やかな生活が出来る人がいるかと思うとうらやましい限りです。

    しかし近年は若者だけでなく全ての世代で自律神経の乱れが起こり、正常な生活が出来ない方々が急増しています。自律神経が乱れてくると最初にあげた項目のほかにも、

  • 副交感神経の働きが悪くて眠れない(不眠症になり身体が休まらない)
  • 動いていないのに交感神経が働き、脈拍の上昇が起こる、呼吸が荒くなる
  • 動いていないのに汗が大量に出てくる
  • 立ちくらみを起こす
  • 体温調節がうまくできなくなり、火照りや冷えを感じやすくなる
  • などの症状が出てくる事があります。本当に様々な症状を引き起こすのが自律神経の乱れなのです。それだけ自律神経は人間が活動する為に大切な機能を担っているということですね。

    自律神経が乱れる原因

    自律神経失調症で起こる症状についてみてきましたが、今度は主な原因について確認しましょう。

    ストレス

    まず考えられるのが、ストレスです。現代のストレス過多の社会は自律神経の乱れを筆頭に、ストレス疾患が多く見られます。
    職場環境や人間関係、家庭内不和など自分ではどうしようもない問題もあれば、落ち着ける場所がない、自分のやりたい事ができない。そういった自分の内面から出てくるストレスもあります。

    また私はストレスを感じた事がないけれど自立神経が乱れてしまった、ストレスとは無縁の田舎暮らしをしているという方もいらっしゃいますが、何もストレスは身体の内面にだけ発生するものではありません。

    骨盤が歪んで歩きにくかったり、持病のリウマチが悪化して足がいたかったり、偏った食事をしていたり、寒くなると昔の怪我がシクシクと痛んだりといった外面からくるストレスもあります。

    なんでもかんでもストレスの仕業と決め付ける気は毛頭ありませんが、ストレスとは多すぎてもいけませんが全く無くても困るものなので扱いが難しいのです。

    例えば、水族館の水槽に小魚とそれを捕食する中型の魚を入れると小魚の寿命が伸びたり、宇宙飛行士が長い航海を終えて地球に帰還した時、宇宙は外的ストレスが全く無いので地球の重力に耐えられずに歩けなかったりしてしまいます。

    もしも症状に思い当たる項目があれば鍼灸整骨院で身体とホルモンのバランスを元に戻してあげる事をお勧めします。

    不規則な生活

    現代においてストレスを感じない事が不可能であるように、子育てや仕事に追われていると、なかなか上手くできないのが規則正しい生活です。昼夜逆転の生活だったり、決まった時間に睡眠がとれなかったり、きちんと食事を取れなかったりと枚挙に暇がありません。

    前述のとおり、交感神経は昼に働き、副交感神経は夜に働きます。

    当然ながら深夜まで仕事をしていたり、昼過ぎまで眠ったりしていると自律神経も自分がどちらの働きをすれば良いのかわからなくなってしまい働きが乱れてくるというわけです。

    その他に、喫煙、運動不足、そして忘れてはいけないのが加齢によるホルモンバランスの乱れから自律神経の乱れが出てくるときもあります。

    他の疾患によるもの

    自分の身体の事は自分が一番良く知っている。と言われていたのは遠い過去の話です。特に自律神経の乱れなど目に見えない障害はプロの目を通さないと原因がわからない事がほとんどです。

    例えば、最近疲れていて食欲がない事を友人に相談すると、自立神経の乱れじゃないの?と言われる事があるかもしれません。そうして、自分で調べてみると大概ストレスが関係しているという結論に至ります。

    なぜなら結論付けやすいからです。あなたは今の生活にストレスを感じていますか?という質問に対して、いいえ感じていません。という人は少ないと思います。

    しかしストレス以外でも自律神経失調症の症状は現れます。

    先に挙げた原因の他にも、うつ病やパニック障害、過呼吸などを発症した事で、自律神経が乱れてしまうというものがあります。

    特に心身の病気は自律神経が乱れがちになります。

    うつ病の方がめまいなどの症状に悩まされるのも、自律神経の乱れが影響している場合があるのです。

    いずれにしても、不眠・中途覚醒などでお困りで、体調が悪いなど、気になる症状があるときは、気付いた時点で当店にいらしてください。

    Pocket

    施術方法や料金については、症状の程度により異なりますので、担当の先生とご相談下さい。

    ヨリミツ治療塾
    れい岡院への交通アクセス

    車でお越しの方
    国道2号線バイパス「青江交差点」から2分
    電車でお越しの方
    岡山駅発「大東行」に乗り
    「青江西停留所」「泉田停留所」で下車。
    徒歩10分

    あなたの痛み・辛さの原因を
    改善するお手伝いをします

    まずはお気軽にご相談ください

    当日ご予約OK!
    お電話でのご予約はこちら

    tel086-233-2626

    ※「ヨリミツ治療塾に繋いでください」とおっしゃってください。

    ※番号をタップすると電話がつながります。

    LINE公式アカウント
    学割50%
    LINE@

    たくさんの声をいただきました

    会員さま限定割引について

    初めてご利用の方へ

    頭・お顔のお悩み

    肩・腰・関節・足のお悩み

    全身のお悩み

    美容のお悩み

    PAGE TOP
    086-233-2626
    ラインで予約