岡山市南区泉田の整体院・整骨院 ヨリミツ治療塾 れい岡院 > ブログ > スタッフ日記 > まさかに備える!ぎっくり腰の対処法と予防

まさかに備える!ぎっくり腰の対処法と予防

2016.09.14スタッフ日記
youtsu

急に立ち上がって、グキッ!!

重たい物を変な姿勢で持ち上げて、アイタタタっ!!

ぎっくり腰って、急に起こりますよね。

そんな、ぎっくり腰の時ってどんな姿勢をとるのがカラダに負担がかからないのでしょう?

こんにちは。

ヨリミツ治療塾 レイ岡院のスタッフです。

今日は、ぎっくり腰になった時の対処法についてお話しします。

ぎっくり腰の原因と症状は?

グキッとかグリッという音とともに、痛みがカラダを駆け巡り動けなくなってしまうのが、ぎっくり腰の特徴。

ぎっくり腰による激痛のために

●歩けない

●寝返りもうてない

●上半身が動かせない

●カラダを反らすことができない

といった状態になります。

これはツライですよね。。。

普段から腰に負担がかかっている状態で、さらに足・腰が弱っている人はぎっくり腰になりやすいです。

こういった状態の時は、普段の生活の中のなにげない動作をした瞬間にぎっくり腰を引き起こすこともあるんですよ。

たとえば、

●掃除をしている時

●お風呂でシャンプーをしている時

●咳やくしゃみをした瞬間

●荷物を持った瞬間

などなど、いろんなシチュエーションが考えられます。

ぎっくり腰になった時の応急処置

一般的にラクな姿勢だと言われているのは、痛みがあるほうを下にするようにして、横になるのが良いようです。

横向きに寝て、ボールを抱きかかえるような感じで、背中と腰を丸めるような格好になるのがラクだと思います。

そして、痛みがある場所を冷やしてあげると痛みが和らぐので良いですね。

痛みが和らいできたら、冷やすのはやめましょう。

今度は、少しずつ温めてあげてゆっくり動いていくといいです。

ただし、傷などがある場合は温めると逆効果になることもありますので、注意してくださいね。

ぎっくり腰は予防できる?

ぎっくり腰は、筋肉が弱っていたり血流が悪いとなりやすいので、腰への負担が少ないウォーキングをするのがいいかもしれません。

このブログでは、ウォーキングについて何度か書いていますが、ウォーキングはかなりオススメです。

歩くことで、血流も良くなりますし固くなってしまった筋肉もほぐれます。

これにプラスで筋トレとかすると効果的なんですが、なかなか難しいですよね。

まずは、手軽にできることから、ぎっくり腰の予防をしてみましょう。

Pocket

整体院 まつおかへの交通アクセス

車でお越しの方
国道2号線バイパス「青江交差点」から2分
電車でお越しの方
岡山駅発「大東行」に乗り
「青江西停留所」「泉田停留所」で下車。
徒歩10分

あなたの痛み・辛さの原因を
改善するお手伝いをします

まずはお気軽にご相談ください

当日ご予約OK!
お電話でのご予約はこちら

tel086-233-2626

※「ヨリミツ治療塾に繋いでください」とおっしゃってください。

※番号をタップすると電話がつながります。

LINE公式アカウント
学割50%
LINE@

たくさんの声をいただきました

会員さま限定割引について

初めてご利用の方へ

頭・お顔のお悩み

肩・腰・関節・足のお悩み

全身のお悩み

美容のお悩み

PAGE TOP
086-233-2626
ラインで予約